facebookページへ
ホーム
しながわ防災学校とは
各コースのご案内
防災力を高める
しながわ防災体験館
よくある質問

地域実践コース

防災区民組織が活動するにあたって必要な知識や技能を習得するためのコースです。

どんな人が対象なの?

区内の防災区民組織

いつやってるの?

前期:6月~9月
後期:11月~3月

どんなコースなの?

地域の課題や学びたいことに応じて、講義やワークショップ等のメニューを実施します。

どこでやってるの?

各防災区民組織へ出張します(地域センター、集会所等)

資料ダウンロード

準備中

コースの様子

メニュー一覧

初級(防災の基礎知識を身に付ける)

1地域の災害を知る(地震・風水害)

2首都直下地震に備える

3風水害に備える

4マンションの防災対策

5防災まちあるき

中級(ワークショップを行い、地域の課題を把握する)

6地域防災スタート研修

7災害図上訓練DIG

8津波避難ワークショップ

9避難行動要支援者・避難誘導ワークショップ

10避難所運営模擬体験

11防災マップづくり

上級(組織・ルールを作る)

12地域の安否確認ルールづくり

13避難所運営イメージトレーニング

14避難所開設・運営の体制・基本ルールづくり

15要配慮者・女性の視点から見た避難所運営

受講者の声

女性 女性70代以上

改めて日常の防災の備えの見直しを致したいと思いました。【地域の災害を知る(地震・風水害)】

女性 女性40代

普段から避難道路や防災用品等、考えておかないといけないと思いました。【首都直下地震に備える】

女性 女性70代以上

自宅に帰りもう一度、家具の場所の置場を考えてみたいと思います。地震のこわさを教えていただいた。【マンションの防災対策】

男性 男性40代

近隣住民単位での防災意識を高める活動、共助の為近所の顔をもっと知らなければならないと感じました。【地域防災スタート研修】

男性 男性60代

訓練は何にしても繰り返しが重要なことを再認識しました。【避難行動要支援者避難誘導ワークショップ】

男性 男性40代

事前のシミュレーション、訓練が必要であることを再認識しました。【避難所運営模擬体験】

男性 男性70代以上

具体的な話を進めるやり方が多く良かった。グループ討議方式が良かった。【地域の安否確認ルールづくり】

男性 男性70代以上

情報管理の大切さ、要介護者・女性へ配慮を知りました。【避難所開設・運営の体制・基本ルールづくり】